スポンサーサイト

2013.07.05 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    驚異のバレーボール上達法のバレーボール 練習 一人

    2013.07.05 Friday

    0

      体を壊すんじゃないかと心配されるほど練習をしてみても、うまい人たちには全然歯が立たない状態だったとしても、
      自分がうまくならなかった理由をはっきりと理解でき、信じられないスピードで一つ一つのプレーが洗練されていく方法がこちら





      あなたも、センスとか才能の話はどこかに置いといて、

      とにかくてっとり早く↓のようになりたいと思いませんか??



      相手から要注意プレーヤーとして警戒される

      試合を見据えた練習ができる

      レシーブがセッターまであがるようになる

      選手としての総合力がグングン伸びる



      明日にでも劇的にうまくなりたいとか、今日の練習で生まれ変わりたい!と思っているのならば、

      それはさすがに不可能だといわざるを得ませんが、練習の進め方によっては、

      今までできなかったプレーができるようになったり、難しくて覚えられなかったプレーをたった1回の練習で身に着けることが出来ます。


      逆に言うと、効率の悪い練習をいくらつづけても、さっぱりバレーボールがうまくならずに苦労をするだけです。


      あなたも、スキルアップに直結しない練習をどれだけ続けたとしても、↓のような悩みが解消される見込みはほとんどありません。


      瞬時の判断がいつも遅い

      レシーブが不正確

      厳しい練習で体を壊してしまった

      サーブが届かない




      東京バレーボールアカデミー 斎藤利さんの驚異のバレーボール上達法は、

      バレーボールのプロ選手やバレーボール上級者ならば確実に身に着けているコツを練習で身に着けていくことができるマニュアルで、

      理系大学を卒業した斎藤利さんらしく、解説が「ここでバチーンと打ちます。」とか「さっと動きます」みたいにあいまいな表現はなく、

      非常に論理的でわかりやすいのが特徴です。



      斎藤利さんとはちなみに、東京バレーボールアカデミーで代表を務めている人で、

      これまでに20年以上、2000人以上へバレーボールの指導をしてきた実績のある人です。


      産経ニュースサイト『イザ!』で『VIVA!バレーボールライフ!』というコンテンツや、

      All About (オールアバウト)にバレーボール専門家として活躍していますので、

      あなたももしかしたら、斎藤利さんの書いた記事を見たことがあるかもしれませんね。


      1回の練習でスパイクを鋭い角度でビシッと決められるための練習などが用意されている東京バレーボールアカデミー 斎藤利さんの驚異のバレーボール上達法について、特徴をこちらで紹介をしています。




      JUGEMテーマ:バレーボール


      驚異のバレーボール上達法のバレーボール スパイク 練習方法

      2013.07.05 Friday

      0


        驚異のバレーボール上達法をまとめた東京バレーボールアカデミー 斎藤利さんは

        これまでのキャリアでプロチーム・社会人チームに選手やコーチとして所属した経験もなければ、

        高校や大学のバレーボール部に所属して、大会優勝した経験すらありません。


        しかし、生まれつきの「バレーボール好き」が高じて、学校で学んだ力学・物理学の知識を活かしてプレーを科学的に分析し、

        どのようなプレーをするのが最適なのかを徹底的に研究をしたことから、アマチュアの大会で強豪として知られるチームでレギュラーを勝ち取り、

        全国大会出場を果たしてしまったほどです。




        驚異のバレーボール上達法では、これまでに2000人を超える人たちを指導してきた斎藤利さんの経験から、

        何をどのように練習をすれば、てっとり早くうまくプレーできるようになるかが詳しく紹介されています。


        バレーボールのセンスがある人は、自然とコツを身に着けているものですが、驚異のバレーボール上達法では、

        彼らが身に着けている「体の動かし方」「スパイクの仕方」「レシーブのポイント」などを具体的に学ぶことが出来、

        手っ取り早くプレーの精度を上げていくことが出来ます。


        様々なシチュエーションにおいて、より少ない動作で最適なプレーができるように工夫されていますので、

        試合中の体力の消耗を抑えることが出来、最後まで自分の思った通りに体を動かし続けることができます。



        あなたが今までどんな風に練習をしてきたのかはわかりませんが、

        プロで活躍するレベルを求めていないのであれば、バレーボールに必要なコツなんて、

        才能とかセンスに左右されることなく誰だって身に着けることが出来るものです。


        練習ごとにきちんと目的意識を持ってのぞみ、適切なトレーニングを続けていくことで、

        味方に頼りにされるような、鮮やかなプレーができるようになりますよ。





        あなたも、練習をいくらつづけてもうまくならない自分に、肩をがっくしと落とすのは今日でおしまいにして、

        練習後は自分の上達に手ごたえを感じられるようになり、試合では相手をほんろうしてチームの勝利に貢献できるプレーヤーになりませんか?




        体を壊しかねない猛練習を続ける前に、東京バレーボールアカデミー 斎藤利さんの驚異のバレーボール上達法で、一気にバレーボール上級者の階段を上りきるにはこちら





        1